プロ教師が直接指導 学童型個別指導塾「けやき」|東京都国分寺市

国分寺市で評判の「学童型個別指導塾」
教師歴30年以上のプロ教師が直接指導!
お子様の放課後、丸ごと面倒見ます!

ホームブログ ≫ 中学校で泣く人、笑う人 ≫

中学校で泣く人、笑う人

_20200615_121850
中学生に教科書の音読をさせてみると、誤読が多いことに驚かされます。例えば、首相:しゅそう 東西:とうせい 設立:せいりつ 大手:だいて 残業:のこりぎょう 物理:もり 文部:ぶんぶ 境内:きょうない 用いる:よういる 居住地:いじゅうち 現役:げんやく などです。このように語彙力=漢字力が欠けている生徒たちは、確実に教科書が読めていません。教科書が読めていない ⇒ 文章の意味が解らない ⇒ 教科書の内容が理解できない 状態だと考えられます。ですから、テストをしてみると、問題文の意味が読み取れずに、回答できない生徒が続出します。当然正解にたどり着くことはできないので、成績も伸びません。(テストの問題解説の授業で、「この問題はこういうことを聞いている問題だよ」と解説すると「な~んだ、それなら答えられたのに・・・」という生徒がたくさんいます。)問題文が理解できないために成績が伸びない生徒が多く存在するのです。
中学校で「教科書が読める」=「授業が理解できる」状態に持っていくには、小学校段階で「漢字の読み書き」「基礎読解力」を身につけておかなければ手遅れになる可能性があります。実は中学生以上での学力(成績)は小学生で身に着けておくべき「漢字の読み書き」「基礎読解力」に大きな影響を受けているのです。「けやき」では独自教材「漢字ステージ」を使用して、お子様の「漢字力」を鍛えます。特に4年生では300以上の新出漢字があります。この「4年生の壁」を乗り越えられるように指導していきます。
2020年06月25日 15:35

個別指導塾「けやき」

【電話番号】 042-847-2258

【営業時間と受付時間】 営業時間:15:00~19:00
受付時間:15:00~20:00

【住所】 〒185-0032
東京都国分寺市日吉町3-10-5

教室紹介はこちら

入塾説明会のご予約はこちら

モバイルサイト

個別指導塾「けやき」スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら